読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOBEブログ

神戸の特化ブログです。神戸にお住まいの方はもちろん、出張・観光で来られる方にもぜひ読んでほしいです。

神戸のふくろうカフェをご紹介します。ふくろうって可愛いですね。

神戸のお店紹介
スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170107135314j:plain

http://www.ac-illust.com/

 

こんにちは。おしょぶ~です。

今日は神戸の「ふくろうカフェ」をご案内しますね。

※この記事は以前に、わたしの別雑記ブログでふくろうカフェについて書いた、二つの記事を再編集して一つの記事に纏めた、スピンアウト記事になります。

f:id:masaru-masaru-3889:20170107140746p:plain

場所なんですが、JR元町駅に横浜程の規模ではないのですが、中華街「南京町」があります。その南京町の縦の筋で一番太いメインストリートを南下、左手すぐにわかりますよ。
※記事の下記で詳しく紹介しています。

f:id:masaru-masaru-3889:20170107141911p:plain

店頭に自動販売機がありますので、入場券をそこで買うシステムです。時期や曜日でよく料金が変わるので、確認してください。

正直、ドリンクなしで良いと思います。ドリンクは展示の1Fと3Fには持ち込み禁止ですから、飲みながら見れるわけではないので、まずは鑑賞を楽しんでその後、他の店でふくろう話題で盛り上がる方が、良いと思いますよ^^

 

さて、入ってみましょう。

f:id:masaru-masaru-3889:20170107155554p:plain

まず、出迎えてくれるのがこの子です^^

シロフクロウ「こゆき」1.7㌔です。

人間が笑った顔みたいな表情をするので、とても可愛いです。

あのハリーポッターに出ていた、ふくろうですね。

f:id:masaru-masaru-3889:20170107160100p:plain

うん?寝たのか??

 

【メインの展示は3Fになります】

この建物は、階段がすごく急なのであまり荷物を持って行かない方がいいですよ。

f:id:masaru-masaru-3889:20170107161825p:plain

スタイリッシュでモデル調なチャコモリフクロウの「あんこ」490㌘です。

甘えん坊で、声色が沢山あるのが特徴です。

f:id:masaru-masaru-3889:20170107160631p:plain

f:id:masaru-masaru-3889:20170107160811p:plain

ヨーロッパコノハズク「ななみ」110㌘

常に隠れているのです。このお店で一番のおチビちゃんです。

f:id:masaru-masaru-3889:20170107161059p:plain

アフリカオオコノハズク「じゅり」㌘見るの忘れた^^;

これでも、起きているようです。

f:id:masaru-masaru-3889:20170107161314p:plain

まじ、ぬいぐるみかと思った!動かない…

一番触りごごち良し。

左、「ことは」・右、「うね」です。

 メンフクロウ、この子達がどこの子かは分からなかったですが、生息地はアメリカ・アフリカ・ヨーロッパ・東南アジア・オーストラリアです。

ことは330㌘・うね340㌘

【筆者の一番お気に入りを紹介】

f:id:masaru-masaru-3889:20170107162143p:plain

f:id:masaru-masaru-3889:20170107162155p:plain

 たまらん!かわいい。

名前は「みかん」、インドコキンメフクロウ(アジア南部)

なんと130㌘、ちっちゃ^^

 

どうですか?^^行きたくなったでしょう。神戸のあなたも、観光や出張で来てくれる方もぜひ行ってみましょう。あ!ふくろうはまだまだいます!

【システムとルールの確認】

f:id:masaru-masaru-3889:20170107162723p:plain

f:id:masaru-masaru-3889:20170107162735p:plain

 

【お店紹介しときますね】

神戸初ふくろうカフェ ビビ アンド ジョージ TEL.078-391-2960 営業時間11時-20時(19時最終入店) 神戸市中央区栄町通1-2-14 海福ビル 定休日は月曜日 神戸南京町 海榮門付近 ●動物取扱業の種別 展示・販売 ●展示業番号 神保保第0314007号 ●販売業番号 神保保第0314008号
神戸市中央区栄町通1-2-14 海福ビル1F・2F・3F

 

では、またよろしければ「KOBEブログ」に遊びに来て下さいね。